今大人気のお仕事|セラピストの資格を取ろう

幼児の成長に必要

メンズと児童

幼児を教育する仕事

保育士資格と幼稚園教諭資格を同じと誤解している人が、います。同じ大学で学ぶことがあっても、保育士になるためには、厚生労働省管轄になり、幼稚園教諭になるためには、大学を卒業することで文部科学省管轄の資格を有することになります。今の時代、保育士不足と言われるくらい、働くお母さんが増え、乳児を保育園に預ける人が増えています。ですが幼稚園では、乳児を預かる訳でなく、福祉目的で幼児を預かり、生活習慣を教えるのではなく、幼児を預かり、保育を目的して、情緒を高め、穏やかな成長を期待する学校と言って良いのでしょう。幼稚園では、音楽、絵画、運動などを学び、知識を得ることになります。そのため、教師としての充実感を味わえられる仕事と言って良いのでしょう。

4年制と2年制に違いが

幼稚園教諭になるためには、大学卒業資格と共に、資格を有することになります。4年制の大学に通い、資格を取得するのが、一種免許状です。そして短大を卒業して得られる資格は、二種免許状になります。この違いとして、将来園長になる人は、一種免許状が必要になるのです。この幼稚園教諭の仕事は、三才の幼児から小学校入学までの子供を預かるため、成長が激しい時期にも当たり、責任も大きなものになります。幼児から子供へ成長する姿に、感激する仕事とも言われます。資格取得後には、公立、私立と言った幼稚園で働くことになりますが、保育所と違い、遅くまで仕事をするのは、滅多にありません。そのため、規則正しい生活を送ることも可能と言われます。

このエントリーをはてなブックマークに追加